身近でありながらつくづく法律は難しい

世の中適正といえない法も多し

法律というものは、人間社会で生きていく中で必要であるし、もし存在しなかったら、社会の秩序が成り立たなくなる。
しかし、日本国内においても無数にある法律について考えた場合、それに縛られる人、全員がその適用に納得している訳ではない。
私、個人として、あまり適正でないと思えるのは、道路交通法である。これは、現状ではいろんな点で見直すべきであると考えている。
この法律は、道を通行することに関して、絶対に適用されることから、自動車やバイクはもちろん、自転車、歩行者にも適用される法律である。つまり、歩行できる人はみんな、この法律を守り、守らなければ、罰則があるということになる。
いくつかの点で納得がいかない点があるが、もっとも納得がいかないのは、道路交通法の駐停車禁止の条項である。これは、道路などに違法に駐停車することは、違法であるとし、それについて、免許の違反点数や反則金を課しているが、それ自体に文句はないが、それを現在は、法の執行人である公務員の警察官だけが行っているのではなく、警察から請け負っている民間の会社が取り締まっている。
なぜ、権限のない民間の人間それも、きっちりとした知識があるのかどうか疑わしい人たちに、公法である道路交通法の違反を指摘され、反則金まで決められなければならないのか。このことは、警察の手抜きを助長しているように見えてしょうがない。
違法・適法の判断はどんな小さなことでも、専門家であり、執行人である公務員の独断行為であるべきではないのだろうか。

Copyright (C)2018身近でありながらつくづく法律は難しい.All rights reserved.